教育におけるユニバーサルデザイン

日本の教育におけるユニバーサルデザインの実践や工夫はまだまだ始まったばかりです。とはいえ、既に特別支援教育で実践していたことや、先生方が生徒のようすを見ながら自然と工夫を...

詳しくはこちら

発達障害・学習障害の基本知識

詳しくはこちら

指導時の配慮・認知検査

詳しくはこちら

学習支援

詳しくはこちら

ディスレクシアと英語

(1) ディスレクシアの発症率ディスレクシアの発症率は、日本では4~5%、英語圏では10~15%と言われています。この数値は、文献によって多少の違いはありますが、少なくと...

詳しくはこちら

多感覚指導法

多感覚指導法は学習障害(LD)のある児童生徒にとって重要な指導法であり、学習法です。通常こどもたちは教室で主に、聴覚と視覚を用いて授業を受けています。ですが視覚情報処理や聴覚情報...

詳しくはこちら

音韻意識

1. 音韻意識(phonological awareness)音韻意識は話言葉の基礎となる、音を聞き取る活動すべてに関わります。音韻意識と文化的に最も関わりが深いのは、「...

詳しくはこちら

フォニックス

フォニックス(phonics)とは?英語の文字の綴りと発音の対応ルールを学習する方法の1つです。しかし、歴史的につねにフォニックスが受け入れられてきたかというとそ...

詳しくはこちら

音読指導

「音読」って、なんだろう?音読は、ほとんどの英語の授業で取り入れられている活動です。ですが、英語の音読がスラスラできる子はなかなかいません。それはなぜなのでしょう...

詳しくはこちら

図書室

詳しくはこちら

LDと英語教育

詳しくはこちら

発達障害・学習障害全般について

発達障害とは、 発達障害者支援法には「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢にお...

詳しくはこちら