◆2019年度研究会 「ワーキングメモリと英語学習」

【お詫びと訂正】当初,本研究会の日程を2020年2月8日(土)開催とお知らせしておりましたが,正しくは,2020年2月9日(日)開催です。訂正するととともに,当初の日程で参加を予定してくださっていたみなさまにお詫び申し上げます。

 

  • 日時:2020年2月9日(日)13:00~16:30 (受付12:30~)
  • 場所:兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス
      (神戸市中央区東川崎町1-5-7 神戸情報文化ビル3階)
  • 定員:40名【満席となりました】
  • 参加費:会員=無料,非会員=2,000 円
  • 申し込み方法:受付開始は,12月9日(月)からです。学会員の方,学会員でない方も事前申し込みが必要です。必ずこちらをお読みいただき,手続きをお願いします。なお,当日受付はいたしません。

○日程

 13:00〜13:05 開会

 13:05~14:35  講演
  『ワーキングメモリと英語学習』
ノートルダム清心女子大学 湯澤美紀准教授

「ワーキングメモリ」と「長期記憶」という2つの記憶のメカニズムを切り口として,子どもたちの学び方の特徴を理解していきましょう。「なぜ,英語を聞きとることが苦手な子がいるの?」「覚えられるのにすぐに忘れてしまう理由は?」「多感覚を用いたシンセティック・フォニックスってやっぱり効果的なの?」といった疑問にお答えしていきます。

 14:35~14:50 休憩

 14:50~16:25 ワークショップ

ワーキングメモリがオーバーフローを起こす体験を通して,「学びたいのに学べない」子どもの心の状態を理解します。また,「音韻的類似性効果」「語長効果」「無関連の語の効果」など,これまでワーキングメモリの活動を妨げるものとして心理学の領域で知られている現象を体験し,「シンセティックに英語を学ぶ」ことや「教室を音環境の観点から見直す」ことの意味を考えていきます。

 16:25~16:30 開会

 ★研究会終了後,17時00分より,同じビルの中にあるMosrite Cafeにて懇親会を予定しています(会費3300円,定員20名)。参加希望の方は,会員登録サイトで,研究会への参加申し込み後,「2019年 関西研究会 懇親会」というイベントからお申し込みください。