学会設立記念 第1回 研究大会
英語教育におけるUD教育の意義とその実践を考える

○日 時:2019年12月8日(日)
○会 場:早稲田大学戸山キャンパス(新宿区戸山 1-24-1) 36号館382教室(クリックすると地図が開きます)
○定員:230名
○参加費:会員=無料、非会員=2,000 円
○申し込み方法:学会員の方,学会員でない方も事前申し込みが必要です。お申込みは こちらから
・参加者対象:ユニバーサルデザイン英語教育にご興味のある方ならどなたでも参加できます。
・当日の会場は大講義室のみですので,お子様をお預かりするスペースはありません。
・当日は,会場での発表・講演の撮影はご遠慮下さい。

研究大会チラシは,こちらからダウンロードできます。

○日程

  • 12:30〜 受付
  • 13:00〜13:10 開会(総合司会 山野有紀 宇都宮大学 准教授
  • 13:10〜14:00 ユニバーサルデザインを意識した英語の読み書き指導について(甲南女子大学 准教授 村上加代子)
    • 小学校から英語が教科となり文字の読み書きも評価の対象に。「どう指導すればよいか」という教員の悩みも深刻な中、アルファベットから単語、そして文の読みへとつなぐ指導のあり方は、これからの課題となるでしょう。英語教育に必要なユニバーサルデザインの視点の概説を交えつつ、小・中学校での取組を紹介します。
  • 14:00〜14:30 中学校英語の現状と課題(大阪市立西中学校 教諭 三木さゆり)
    • 今、中学校英語は大きな危機を迎えていると感じています。次々と高い目標が示される中、どこを切り取り何を教えればいいのか、現状を踏まえながら、生徒たちのために通常授業の中で何ができるのか考えたいと思います。
  • 14:40〜15:10 英語が苦手な生徒の自尊感情を高める授業(太田フレックス高校 教諭 齋藤理一郎)
    • 読み書きが苦手な生徒にとって、そもそも教科書は「見たくもないもの」かもしれません。でも、学校の授業では教科書を「使わなければならない・進めなければならない」。さて、ではどう調理しましょう。
  • 15:10〜15:40 ディスレクシアと英語の学びについて(認定NPO法人エッジ 代表 藤堂栄子)
    • 英語は地球上の言語の中でも文字と音の結びつきが非常に複雑で「不透明」とされている。日本語を母語とする音韻意識が弱いディスレクシアがある人の英語学習の困難さの要因と、効果的な対応方法を探ります。
  • 16:00〜16:55 シンポジウム (司会 飯島睦美 群馬大学 准教授)
  • 16:55〜17:00 閉会